うつ病の薬の副作用で記憶が飛んだりする?

2018年7月14日

スポンサーリンク

うつ病に関する薬の副作用は、様々なものがありますね。

抗うつ剤に関する薬を飲んでいる人の多くが、口や喉の渇きを訴えます。

これは、薬の副作用の可能性大ですね。
私は、これに加え嚥下作用にも問題がでました。

ものを飲み込む事が、上手く出来なくなりました。
今は、良くなりましたが…。

さて、今日は、抗うつ剤などの薬の副作用で、記憶が飛んだりするのかどうかに付いて、自分の経験と分かる範囲で書いてみたいと思います。

sponsored link

抗うつ剤を飲むと副作用で記憶障害!?

抗うつ薬などの薬の副作用として、記憶障害がでるのかどうかに関してですが、私は、全くないとは言えません

事実、断片的に記憶を無くすことが、たびたびありました。

一番良い例が、薬を飲むことの管理が自分では出来なかった事です

必ず多かったり、少なかったりしていました。
それが、1日の中でですから、良くありませんよね。

本当であれば、1回に2錠で良いものを4錠飲んでたりとか…。また、飲んでいるのを忘れて、15分とか30分後に、また同じだけの薬を飲んでいたりとか…。

致命的ですよね。
記憶がそこで途切れているんです。

白日夢も良く見ていました
寝ると続きがみられるので、なんとなく楽しんでいた覚えがあります。
なんか楽しいような怖いような気持ちでいました。

血圧降下剤に関しても、1日に3日分を飲んでいた時もあったみたいです。1日1錠で良いのですが、2錠を結構、続けていた感じです。

次の診察日まで、まだ2週間あるのに、明日飲む薬がないなんて、ざらでしたから…。

うつ病に関しての薬もそうです。
本当にダメダメでした。

でも、その時は、本当に分からないんです。
きちんとメモを取っていれば良かったのですが、後の祭りです。

今は、その日の出来事とともに、手帳に記入するようにしています。それとピルケースを使用するようになりました。

このピルケースを使うようになってから、何とか、規定量の薬を毎日、守れるようになりました。

この記憶障害?が抗うつ薬の副作用なのかは、正直分かりません。いろいろなサイトを見ると、完全に薬の副作用である。と書かれている方が多いですね。

実際のところ、体験されたのでしょうか?
と思わず言ってしまいたい方も、結構うつ病に関しての記事を書いていらっしゃいます。

そして、断定・断言する人も多いですね。

断定しちゃいけないっしょ!?
と言いたくなるサイトもチラホラ…。

最近、健康系の大手サイトが問題になって、閉鎖されましたね
同じような、サイトまだ結構ありますよ(汗)

私も、病気の事なので、十分注意しないといけません。
精進します。

で、薬は解決したのですが、他の事が未だに解決していません。

つい先日のこと、また今朝のこと、これが思い出せないことがあるんです

これって辛いです。
自分が、何をしていたのか分からないのですから…。

そういう時に限って、手帳に何も書いていなかったりします
何にも意味を成していない手帳ですよね。

たまに恐怖感すら感じます。
夢遊病のように、外に出かけていたりして…。

とか、真剣に考えちゃいました。

思い出せないって、そういうことですよね。
自分のやっていることが分からないのですから、最低です…。

もしかして、若年痴呆症になってしまったのでしょうか?

うつ病から痴呆症になることも多いと聞きます。
ちょっと、心配です。

まだ、もうちょっと、普通でいたい…。

sponsored link

抗うつ剤の副作用

抗うつ剤の副作用は、いろいろと取り沙汰されていますよね。
そういう関係の本も出ています。

うつ病を薬を使わないで治す、などといったタイトルが付いていますよね。

最近では、精神科のお医者さんが書かれたり、薬剤師の方が書かれた本が増えてきましたね。

薬で治さず、食事療法やサプリ、運動などで治すみたいな感じの本も増えています。

薬剤師さんが『その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書)』などと言った本も書かれてたりします。お医者さんも「医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 (中経の文庫)」などという本も…。

最近、すごく増えてきました。

ちょっと興味があるので、後日購入しようと思っています。

本当に薬を使わずに治るのでしたら、それが最善の方法でしょう
でも、病院へ行くと、必ずといって良いほど、薬物療法が行われるのが常です。

だからと言って、病院へ行かずに素人では、治せませんよね。
私は、もうどっぷりと抗うつ薬、睡眠剤などに浸りきっていますので、これを断薬するのは、正直なところかなり厳しいと思います。

別に依存症になっているわけではありません。
薬を飲まなくても大丈夫な日もありましたから。

今後は、少しずつでもお薬を減らせるように、先生とお話をしてやっていきます。

来年の今頃は、半分くらいに減ってると良いなぁ…。

先日も書きましたが、薬の副作用は、怖いですね。

自分に今おきていることが、なんのせいなのか分からずに日々を過ごしているのですから…。

私は、薬に対してものすごく恐怖感が強かったときがありました。

このまま、自分、廃人になっちゃうのでは?
といった、恐怖です。

薬を一生飲み続けないといけないのか…。
飲み忘れたら…。
などなど、数え上げたらきりがありません。

怖かったですね。
まるで、麻薬患者にでもなった気分でした

あなたもそんな時ありませんでしたか?

独り言

今日は、少しだけ副作用について書いてみました。
他にも薬の副作用に関して書いた記事がありますので、そちらも参考にして頂けると幸いです。

うつ病の薬の副作用で喉の渇きは避けられない?
抗うつ剤の副作用でedになりますか?

私の場合の最近の副作用といえば、やはり、抗うつ剤でよく太ると言われますが薬だけが原因でしょうか?にも書きましたが、太ったことが一番大きなことでしょうか?

これは、薬ばかりではないんですけれどね。

やはり、太るには太るなりの条件があるわけで、まさに今、その条件が全て当てはまって太ってしまいました。

一つには、薬も要因でしょう。
でも、一番悪いのが運動不足、それと食事のとり方これも原因の一つです。

自分では、やらなきゃと分かっているのですが、なかなか行動に移せない。そんな自分がすごく腹立たしいところです。
運動と言ったって、ランニングをしないでも、ウォーキングを30分もやれば、随分違うそうです。

それを面倒だと思って、何もしていない!
本当に自分がイヤになります。

でも、ダイエット本気でやらないと、この先大変な事になる気がします。
もう、お腹パンパンです。

血圧の事もありますから、注意が必要ですね。

そして、次に気になっているのが、人と話すときに、言葉に詰まってしまうところですね。
これは、決して薬の副作用ではないと思いますが…。

なんだか、最近やたらと話が出来なくなった気がします。
まあ、話すのは、病院の医師と家族位なんですけれどね。

あっ!
忘れちゃいけないものがありました。

先日も記事にしましたが、眠気がひどいです
猛烈な眠気が周期で襲ってきます。

今、先生と相談して、睡眠日誌なるものを付けています。
1日の行動記録ですね。

そこに、睡眠時間、起きている時間、何かしていた時間などを書き込むんです
次の診察時に、先生に見せて、また薬を増やすか、減らすのかを決めてもらえると思います。

でも、覚えてないんですよね(汗)
起きた時間、寝た時間…。

これも今の私には、課題です。
時計をみて、すぐに記入すれば良いのですが、それが出来ない。

朦朧(もうろう)としていることが多い感じです。
これも、薬の副作用に入りそうですね。

sponsored link