鬱病を自力で治すにはどんな治し方がある?

2018年7月14日

スポンサーリンク

いつもの書きだしになりますが…。
うつ病を患っている人が、最近は本当に多くなってきましたね。

そして、病院へ通院していると、新患の方が入っててものすごく待たされる事が、最近多くなってきました

また、社会的にも認知されてきているので、私はうつ病ですと、堂々と言える場面も多くなってきたのかもしれませんね。

そんな中で、病院にかかると、どうしても薬物療法が中心になるので、なるべく薬物治療に頼らないで、自分で治したい。そんな方も多くなってきています。

私の知り合いにも、そういう人がいて、実際に自力で治しちゃいました

私には、出来ないなぁ~と思いつつ、すごいなと賞賛しています。

今は、鬱は自分で治すなどと言う本も出ていますので、鬱病をお医者さんにかからずに、自力で治そうとしている人も多いのかもしれませんね。

そこで、今日はうつ病を自力で治すと言うことに関して、少し考えてみようと思います。

sponsored link

鬱病を自力で治す方法とは?

自力で鬱病を治すのは、私自身は、すごく大変な事だと思いますので、自分ではやろうと思いません。

ただ、薬物療法に関しては、副作用があって、人によっては、その副作用の方が苦しくて、大変な思いをされている方も多いです

私も、ある薬を減らされたとき、すごい副作用が出て、家人が見かねて次の日に病院に連れて行かれました。

もう、「殺してくれ!」と叫んでいましたからね。

そういう意味では、薬は恐いものかもしれません。
これも副作用だと思うのですが、肝臓の働きが悪くなっているみたいです。

もう8年以上、薬を飲んでいますからね。
そんな症状が出ていてもおかしくないのかもしれません。

そして太りました
これは、完全にうつ太りだと思います。

薬にも太る要因となる薬もありますし、うつ病になると何もしたくなくなります。
起きるのもイヤになりますし、動くのも面倒になる。

そして外に出なくなります。
食事に関しては、食べられない方と、食べ過ぎてしまう方に分かれるようです。

私は、うつ病になったときは、食べられなく痩せました。
痩せる時って筋肉がどんどん痩せていくんですね

これは、初めて知りました。体には少しだけ自信があったんです。
胸の筋肉動かせましたから…。

でも、今は見る影もなく…。
体全体がだらしなくなりました

鏡で見るとホントに情けなくなります。

胸はもちろんのこと、背筋もなくなって、お腹が出てます。
お尻は筋肉がなく重力に逆らえず、下がって来てますし…。

醜い!見るのも嫌ですね
だからという訳ではありませんが、お風呂も最近は、入らない日が多くなりました。

不潔ですよね。
これも嫌な自分です。

そして、動かないから、食事を摂ればとるだけ、脂肪がどんどん体に溜まっていく。
内臓脂肪に皮下脂肪。たくさん付いてます。

書いてて嫌になってきます。

ちょっと話を戻します。

食事療法で鬱病を治す

先にも書きましたが、最近では、なるべく薬を使わない方法でうつ病を治すということを実践されている方も増えているようですね

食事療法もその一つ。

私は、ちょっと恐いので、例え副作用があっても薬は切れないですが…。

でも、今の私にも食事療法は必須です。そして運動も…。
少しずつ気を付けるようにしているのですが、まだまだ努力がたりないようです

そもそも、少しずつやろうと言うのが、良くないのでしょうか?
やはり、禁煙と同じようにビシッとやるのが良いのでしょうかね…。

食事療法は、うつ病に限らず実践すべきものなのかもしれません。
特に、高年齢になるほど必要なんでしょうね。

食事は、生活の鏡と言われています
食生活がだらしないと、生活全てにだらしなくなるのだとか…

これ、何となく分かります。
私もそうでした。

食生活は、いい加減でしたね。
食べたり食べなかったり、時間も適当でした。

生活で言えば、恥ずかしいのですが、金銭管理もまともに出来ませんでしたね。

掃除や洗濯も…。

今は、あまり思いだしたくないです。

また、話がズレました。

食事療法に関して、別記事「うつに効く食べ物や飲み物があるんです!」で、少しだけ詳しく書いていますので、そちらを参考にして頂けると嬉しいです。

一つだけ…。

数多くの治療法の中で、食事の改善は、抗うつ薬の効き目を高めて、再発や再燃を防ぐ効果もあると言われています

でも、食生活に関しては、それぞれの家庭で身につけた生活習慣であって、他人の力で変えることは、なかなか難しいです

偏食は簡単には改められません
自分の食事を変えられるのは、自分しかいません。

ただ、うつ病が酷い状態の時に、それを言ってもなかなか難しい部分かもしれませんね。

本人がどれだけ、本気で治したいと思っているか…。
そこにかかっていると言っても過言ではないでしょうね。

孤食は、出来るだけ避けると良いのですが、独り身だとなかなか難しいかもしれませんよね。

調子の良いときは、出来るだけ人に会うといいと思います。
外に出ると良いと思います。

私は、外に出ることをしてきませんでした。
とにかく閉じこもっていましたね。

今でも、それが続いています。

ただ、孤食だけは、避けられる環境にいるので…。

煩わしいと感じる部分もありますが、誰かがいてくれるのは、本当に有り難いです

今は、感謝しかありませんね。

sponsored link

独り言

若い頃は、食事の事なんて、全く考えたことはありませんでした。

好きなお肉ばかり食べていましたね
そう、インスタント食品も多かったです。

私は、コーヒー中毒なので、1日に10杯くらいは飲んでいます。
ちょっと多すぎでしょうか?

たばこも1日3箱くらい吸っていましたね。

今は、完全に止めましたけれど。
止めてからもう、何年でしょう…。10年以上になりますかね。

止めるときは、スッパリでした。
止めると決意してからは、今まで一切吸っていません。

決められるんですよね。

お酒も、毎日のようにバーに通って朝まで飲んでいました。
暴飲暴食…。

それでも太ったりしなかったんですね。
だから、いつまでもそれが続くと思っていました。

でも、年には勝てません

運動しないとダメですね
これは、ハッキリと分かります。

うつ病になってから、決断が出来なくなってしまって、どんどん自分がバカになっていくのを感じていました。

考えがまとめられない、注意力がなくなる。
集中できない。

他にも出来なくなったことが、たくさん…。

もう、自分は終わったなと感じた時がありました。
今もそれは、変わりませんが…。

今日もまた、話がズレてますね(汗)
最近、またまとまりが付かなくなってきました。

これ以上、ズレる前にそろそろ止めときます。

今日も寒いです。
関東地方でも雪が積もったようですね。

転倒してケガをする人が多かったようです。
お気を付け下さい。

これから、もっともっと寒くなります。
風邪も流行っているようです。

暖かい格好をして、風邪など引きませぬように…。

sponsored link