うつ病の治し方は生活のリズムから!!

2018年7月15日

スポンサーリンク

うつ病、最近どうですか?

私は、冬に入ったせいか、日内変動が随分と狂ってしまったようで、睡眠リズムが大変な事になっています。

この状況は、なかなか一人では、治せないのかもしれません…。

生活のリズムが、本当に狂っています
精神科の医師から、睡眠日誌を付けるように言われました。

入院していたときにも付けていましたので、そんなに気負うこともなかったのですが、実際に付けてみると「ヒドイ」の一言でした。

sponsored link

うつ病の治し方って薬だけじゃない!

うつ病と言うと、薬物療法が一般的ですが、運動も大事なんだそうです。

そして、生活のリズムを整えることで、確実に変化が現れると言われています

それは、そうですよね。
実際、うつ病になった身からすれば、よく分かります。

昼夜逆転の生活

うつ病の何パーセントかは、正確には分かりませんが、昼夜逆転している状態の人が多いと思います。

私自身も、夜眠ることが出来ずに、完全な夜型になっていましたから…。

一応、睡眠薬も飲んでいたのですが、眠ることが出来ませんでした

今も、その傾向は変わりません。
大体、深夜0時に睡眠薬などを飲んで、1時くらいに寝る感じですね。

そして、早朝覚醒。
1時間半か2時間で、一度目覚めます。

そこから、少し眠れなくて、1時間後くらいに猛烈な眠気に襲われて、コテッと…。

そして、また1~2時間くらい寝て目覚めるという感じで、1日ずっと寝ている感じになる事が多いです

最近は、ちょっとその傾向が強くなっているので、辛いです…。

食事やお風呂なども、決まった時間にとれていません。
昼間寝ていれば、夜眠くならないのは、当然です。

お腹は空かないはずなのですが、これが、結構お腹空くんですよ。

だから、今はデブになりました。
もう、メタボまっしぐら(汗)

体重も65キロが平均だったのですが、今は多いときで85キロになりました。

これはなるべくしてなっています。不摂生が原因です
薬の影響も少しはあるのでしょうが、私の場合は、完全に不摂生だと自信を持って言えます(汗)

なので、今年の目標は、4月までに、65キロに戻すことを目標にしました。

なぜ4月なのか?
新年度で切りが良いからという理由だけですが…。

眠気の話に戻りますが、私、こういった眠気に関しては、子どもの頃からだったような気がします。

中学・高校の頃は、授業中に半端なく眠気に襲われて、板書しているハズのノートがグチャグチャになることが多かったです。

眠気がきたときには、シャーペンで太ももを刺すなんて事をしていました

バカですよね…。

また、社会人として会社に勤め始めた頃は、遅刻がすごく多くて、会社に随分と迷惑をかけました。

よくクビにならなかったと思います。

ある程度年齢がいって、再就職した頃は、仕事中に無性に眠くなり、歩きながら寝ていた時がありました。

車を運転しているときも、ほんの一瞬ですが、2~3秒かと思います。寝ていました。

よく、事故を起こさなかったものです。

うつ病と診断されてからは、毎日子どもたちの事を思って泣いている日々を送っていました

睡眠障害になって、ほとんど眠れない毎日を過ごしていましたね
これは、睡眠薬を飲んでも全く寝られないんです。

3日間くらい寝ない事もよくありました。

本当に辛かったですね。
もう生きているのも辛かったです。

最近は、先ほども話しましたが、寝ているんですが、眠れていない、そんな状態が続いています。

丸1日布団に入ったままで、それだけで疲れてしまって、なんだかグッタリしていました。

テレビもあまり見ることは出来ません
PCの前には、座ることが出来ますので、こうやってブログ記事を書いたりは、日によって出来ます。

できない事が多いんですけれどね…。
もう少し、更新頻度を上げたいのですが、なかなか難しい感じです。

生活リズム

生活リズムって本当に大事だと思います

生活リズム=生活習慣とも言えると思います。
厳密に言うと違いますが。

生活習慣病の一つである、高血圧の治療も行っています。
父親が大腸ガンで入院していたとき、病院に血圧計があったので、計ったのですが、なんと!上が200を超えていたんです。

自分でも、さすがにビックリして、看護師である妹に話したところ、病院へ行けと言われました。

もし、あのままでいたら…。
もしかすると、脳に異常を起こしていたかもしれませんね。

まあ、うつ病も脳の病気ですから、すでに異状があるのは確かですね。

またうつ病になってから、完全に引きこもりになりました
仕事も休んでいましたし、買い物も別に毎日することもありませんでしたので、カーテンも開けずに引きこもっていました。

病院は、1週間に1回通っていましたので、その日だけ外に出て、散歩、買い物などをすると、あと1週間は、出かける用事がないんです。

なので、ずっと引きこもりでした。
食事もあまり、その頃は、摂れませんでした。

その時は痩せましたよ
5キロくらいは、簡単に落ちました。

食事が不規則でしたし、食べるものも、本当に簡単なもので済ましていました。

わざわざ、手の込んだ料理を作る必要性も感じませんでしたからね。

その頃は、まだテレビを見ることが出来ましたので、ケーブルテレビで、映画チャンネルか格闘技チャンネルをずっと見ていたような気がします。

寝てるか、テレビを見ているか…。
好きな本は、読めませんでした。

集中力が続かないんですよね。
こうやって書いている、記事もすごく時間がかかります。

生活リズム、本当に大切だと思います。
これが、戻れば、私も大分楽になると思うのですが…。

また、入院になるかもしれませんね。
入院したら、強制的に生活リズムが形作られます

今は、入院だけは、避けたいなと思っているのですが、どうなるでしょうか。

自分で、何とか戻したいのですが、結構キツいですね。
でも、努力はします。

早く、この状態から抜け出したいですから…。

決まった時間に寝て、決まった時間に起きて、三食きちんと食べて、運動をして…

簡単な事なんですけれどね
それが、出来なくて辛い思いをしています。

ただ、やればいいだけ。
頑張ります。

sponsored link

独り言

今日は、なんだか日記のような記事になりました(汗)
果たして読んでくれる人がいるのかどうか…。

うつ病って、本当に肉体的に外傷があるわけでもなく、外見的には普通の人とほとんど変わりません

でも、分かる人には、分かると思います。
何となく、雰囲気で。

先日書いた記事は、「うつ病だからといって甘えるな!と言われるのが辛い」という記事でした。

どうしても、甘えているように思えるんですよね。
そして、職務怠慢。

本人は、一生懸命やっているのですけれどね
今まで出来ていたことが、出来なくなってしまっているんです

喋る時も、言葉が出てこなかったり、ゆっくりとした話し方になったり、すぐに返事が出来なかったり…。

判断能力も鈍ります
やる気も失せます
力も入りません

決してわざとじゃないんです。

「うつ病と言う病気」になってしまったんです。

sponsored link